バスの旅は新潟へ・・・

IMGP4683

IMGP4689

IMGP4689a

IMGP4690

IMGP4695

IMGP4696

IMGP4698

IMGP4699

IMGP4703

IMGP4704

IMGP4711

IMGP4713

IMGP4713a

IMGP4714

IMGP471615~16日に以前の職場のOB会の年一回の旅行があって、寺泊温泉から弥彦の方に行って来ました。
バス旅行は余り好きでは無いのですが参加費の割には内容が良いので何回目かの参加になります。
2日間とも良い天候で殆どの場所が始めての見物でした。

15日は朝ワンコの散歩や朝食を済ませ、8時少し前に家を出ます。
我が家から集合場所までは約10分ですので近くのコンビニで暖かいコーヒーを入れてバスに持込します。
足利ICから赤城高原SAで休憩、最初の見物は浦佐の「善光寺毘沙門堂」を見物、3月3日には奇祭「裸押し合い祭り」が行われ大勢の観光客などが集まるそうです。
今度は「西福寺開山堂」に行きます。
日本のミケランジェロと言われる、「石川雲蝶」の堂の欄間から天井の透かし彫りの大作に圧倒されます。
ただただ凄いの一言です。
昼食は道の駅「物産館 深雪の里」の和食膳です。
次に訪れたのは「信濃川大河津資料館」です。
信濃川から新潟市の洪水を防ぐ為、信濃川本流より広い川幅で日本海まで約10kmの距離を人工河川を作り流しています。
この分水路が出来る前は3~4年ごとに氾濫による洪水があって今の新潟市の発展は望めなかったそうです。
今日の見学は一通り終わり、宿に早めのチェックインです。
宿は寺泊温泉の「ホテル 飛鳥」です。
早速入浴しますが日本海が道路の先の防風林(松林)のすぐ先です。
お湯は透明で42度位ですが、カリウム、ナトリウムの「塩化物強塩泉」です。
夕食は当たり前ですが魚、魚、魚・・・魚好きの方には応えられないでしょうね。
生魚が苦手の私には若干持て余し気味でした。

翌16日も上天気です。
朝6時に早速風呂に行き、その後朝食会場に行きます。
朝食はバイキングで、一般的なメニューです。
ホテルを出て寺泊の魚屋の店が連なる河岸に行きます。
新潟方面へのツアー、観光の定番コースです。
そして宝山酒造酒蔵を見学、試飲して、弥彦神社、ゴンドラで弥彦山山頂展望レストランで昼食を取ります。
昼食は「山海ワッパ御膳」です。
最後の見学場所は新潟市の国際会議場等もあるトキメッセの31階「バカウケ展望室」で直通エレベターは40秒で運んでくれます。
新潟市内から信濃川河口、日本海を見渡して関越道、北関東道で帰路に着きます。

●ブログ、掲示板トップページURL http://happy.ap.teacup.com/ontamayumeguri/
●す~さんの写真館URL https://skydrive.live.com/?cid=4CCC4ED7BE0F5E4A

広告

smitsugi4649 について

自然と一体の温泉や車を走らせる事、格安旅行が大好きなおじさん。 但し精神年齢は子供時代で成長がストップ(笑)
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中